研究員紹介


▼ 研究員
氏名 (ハンドルネーム)所属団体及び役職所属教団及び教会活動中心地
高見晴彦 (はる)株式会社シャローム 代表取締役社長
兼 有限会社来世 客員実務者・アドバイザー
日本基督教団 甲東教会兵庫県西宮市
 1979年、兵庫県西宮市生まれ。小学校の低学年から実家近くの日本基督教団甲東教会のCS(教会学校)に通うが、周囲友人含め同教会史上稀に見る悪童だったようである(ヒトゴト)。中学時代は一旦足が遠のいたが、卒業間際に阪神大震災で被災。避難所であった出身小学校で昔の仲間と再会し、ヒマに飽かせて冷やかしに教会へ行ったところ、またそのまま居着くようになる。この当時も教会史上稀に見る問題青年だったようである(ヒトゴト)。
 勉強嫌いで大学受験に失敗し、仕事にもあぶれていたところ、プロテスタント葬儀専門のブランド「シャローム式典社」の主任であった同教会員のつてで葬儀社「有限会社 来世」にアルバイトで入り、数年後そのまま正社員となる。2006年に元上司が会社と諍いを起こし袂を分ったため、繰り上がりでシャローム式典社の主任となる。
 営業が得意でないため仕事がヒマで、いやさ、傾きかけた会社とブランドをどうにかせねばと、2008年からウェブでキリスト教葬儀情報発信サイト「キリスト教葬sikiぺでぃあ」を、また2010年からブログ「たとえ明日 私が葬られるとしても」を立ち上げる。運良く業界雑誌「SOGI」(表現文化社)や「キリスト新聞」(キリスト新聞社)に投稿を載せていただくなどコネクションが拡大していき、2011年には名古屋のキリスト教専門葬儀社「有限会社ディーズ」の岡田守生代表取締役とのネットワークができる。2012年1月、株式会社シャローム設立に伴い代表取締役社長に就任。岡田守生氏と共にCCFIを設立し、現在に至る。
 趣味は葬儀考察、読書、麻雀、ネコ。苦手なものはスポーツ、芸能、試験、金儲け。

ブログ:たとえ明日 私が葬られるとしても
岡田守生 (オカダ)有限会社ディーズ 代表取締役カトリック 布池教会愛知県名古屋市
 1964年に名古屋で生まれる。父方がカトリック家系の為、生後すぐに洗礼を受けさせられる(洗礼名:ペトロ)。でも教会へは殆ど行かないまま、のほほ〜んと幼少期を過ごす。何を思ったか、高校生になっていろんな宗教をかじり(某新興宗教に軟禁された経験あり)最終的にカトリックを選択。以降、カトリック布池教会に所属。
 愛知教育大学・教育学部を卒業(頭が悪いから専門は美術・デザイン)。大学卒業後、中途半端に教職に就く。その後何となく葬儀業界に足を踏み入れる。平成14年『厚生労働省認定資格『葬祭ディレクター・1級』取得。翌年、何となく独立してキリスト教専門葬儀社『有限会社ディーズ』を立ち上げる。お勉強は嫌いなので、本サイトの殆どを高見氏にお任せする(今後も!)。
 趣味はエレキギター(ド下手)&ドラム(ド下手)。音楽鑑賞はアイリッシュ・フォーク&ケルト、ハード・ロック(特にプログレッシヴ・ロック)をこよなく愛する。ほか、読書(但し娯楽小説のみ)、映画鑑賞(クラい話が大好き)。

ブログ:D'sさんのブログ
武田佐智子 (もにー)元・ふらわぁセレモニー縁(ゆかり) 事務員千葉県千葉市
 1982年、長崎県生まれだが物心ついた時は既に千葉だった。幼少時からの本好きが高じて中学生頃から小説モドキを書き始め(今思えば単なる中二病である)、生命とは何か?との好奇心で大学にて生物工学を専攻する。その後、おうちで実験できるような物理の教材が作りたいなーと通信教育会社に入社するも「理系出身なら数字アレルギーないよね」との理由で経理部門へ配属される。それはそれで楽しかったが、持病のアトピー性皮膚炎がかつてないほど大悪化(原因は今もって不明)・白内障でほぼ失明状態になるなどして、うっかり人生の夏休みに突入。
 療養後はリフレクソロジーの民間学校、医療事務を経て、自宅から近いというだけの理由で応募した葬儀社にパートとして採用され、葬儀業界に足を突っ込む。そのまま今のボスに声をかけてもらい、ふらわぁセレモニー縁の事務員となった。余談だが社名は「緑(みどり)」と大変間違われやすく、提案者として日々申し訳ない気分を味わっていたりもする。
 クリスマスにケーキを食べたりもするが初詣は神社に行き、座禅や写経に興味を示す典型的無宗教。いちおう古事記も読んだことはあるよねーレベルで聖書も読んだことがなくはない。日本消費者協会の平均葬儀費用のアレコレを調べているうちに高見氏のブログに辿りつき、そのまま交流させてもらってCCFIの端っこにくっついているノンクリスチャン。
 趣味は読書(マンガ多し)。何かに行き詰ると掃除を始める。最近は仕事ばかりで小説モドキはめっきりご無沙汰だが、いつか葬儀屋さんのお話を書きたいと思っている。
 ※現在は葬儀業から離れ、別の業界で活躍中。

ブログ:葬儀屋さんの4コママンガ
森言一郎 (げんさん)日本キリスト教団 旭東教会 牧師
兼務 十文字平和教会
日本基督教団 教団籍岡山県岡山市
 1960年、東京都青梅市生まれ、直ぐに、大分市大在地区に居住。父親の仕事の都合で、森家に由来のある大分県大分市大在地区に転居。16歳迄在住。大学卒業後、名古屋に本拠のある、開運ならぬ、海運会社に就職し東京支店に配属。営業マンとして都心を歩きまわっていた。
 1989年に日本聖書神学校(夜間の学校、東京都)に入学。卒業後は、日本キリスト教団の教会の牧師として、幾つかの地域(例えば、福岡県福岡市、新潟県上越市、北海道稚内市)を飛んで来た。移動距離はたぶん日本キリスト教団の牧師の中でも、海外赴任を除けば最長距離ではと思っている。
 キリスト教会葬儀研究所の研究員に志願するに至ったきっかけは、さかのぼればおそらく〈B型肝炎〉との闘病が始まった(現在は奇跡的に終息)20代半ば頃になる。死を見つめる中で、自らのいのちの限りを明確に自覚する中、「人生いかにいくべきか」という〈父の座右の銘〉がちらつきはじめ、病床受洗。さらには、キリスト教の伝道者として献身を志す。
 1980年代後半からアルフォンスデーケン神父さまの、生と死を考える会に学んだり、臨床パストラル教育研究センターのキッペス神父さまの講習会に参加したりしながら、牧師として各地の教会で仕える中で様々を経験。特に、人生途上の悲嘆に暮れる方々のためのグリーフケアの必要性を痛感。さまざまな経験を経て、岡山市の旭東教会のグリーフケアの集いの主催者としてファシリテーターとしても仕えている。
 葬儀は、その与えられし全ての賜物と牧師としての経験を統合し、プロデューサー的な役割を担いつつ、もっとも生き甲斐を感じ、宗教者である牧師冥利に尽きる働きだと自認。今後も、諸先輩方と共に研鑽を重ね、大きなことは出来ないけれど、地域に根差したキリスト教葬儀の最善を尽くすべく、心をこめた働きを生涯続けて行きたいと考えている。
 共著の『主よ、用いてください 召命から献身へ』(日本キリスト教団出版局・2019年6月刊)に自身の〈足跡〉に近いものあり。
 以下の「岡山で考えるキリスト教の葬儀」と題したホームページ、「https://kyokuto-omoide.jimdofree.com/」は、自身のつたない経験をもとに創った、おそらく、日本で初めての、ひとつの教会単独の地域に仕えるキリスト教葬儀のためだけの、世にも珍しいホームページと考えている。
 ★趣味は《自動車》に関するさまざまなこと。《珈琲関連》のことも修行を積みつつある。牧師隠退後は、コーヒーショップのマスターになる予定。

ウェブサイト:岡山で考えるキリスト教の葬儀

▼ 客員・アドバイザー
氏名 (ハンドルネーム)所属団体及び役職所属教団及び教会活動中心地
松本浩之松本浩之司法書士事務所 代表兵庫県神戸市
 司法書士。1962年神戸市生まれ。カトリック系幼稚園を卒園後、毎週欠かさず楽しみに日曜学校通いをしていたが、小1の夏休み初日(=アポロ11号が月面着陸した日)の朝、日曜学校からの帰り道に交通事故に遭い入院生活を余儀なくされたのをきっかけに教会から足が遠のき、その後平成14年に息子の幼稚園入園(プロテスタント系)までの間、教会とは疎遠状態。
 昨年父親が他界し、それまでは第三者・アドバイザーとして関わってきた死後事務に「当事者」として関わることになり、改めて人間は死後も「前世」のルールに拘束されることを実感し、改めて「死後事務」というものに興味を抱いた次第。特に今後増大が懸念される「相続人存否不明時における死後事務」という問題を掘り下げて勉強したいと思っています。他には、「ADR(裁判外紛争解決方法)」について、現在大阪大学との学術交流研究会委員(近畿司法書士会連合会)として、目下勉強中です。
 趣味:釣り、プロ野球観戦、B級グルメ食べ歩き・・・。
松谷信司 (松ちゃん)株式会社キリスト新聞社 季刊「Ministry」編集長
いのフェス実行委員会 代表
日本キリスト教会 浦和教会東京都
 1976年、福島県原町市(現南相馬市)生まれ。牧師を伯父にもち、クリスチャンホームで育つ。高校卒業まで本気で漫画家を目指すも、挫折?して教育学部へ。TV局勤務の後、5年間の私立小学校教員生活を経て、長男の誕生を機に再度転職。現在週刊「キリスト新聞」、季刊「Ministry」編集長。いのフェス(いのり☆フェスティバル)実行委員会代表。2児の父としてイクメン修行中。
 趣味はマンガ、映画観賞、ビデオ撮影・編集。基本インドア。

ブログ:松ちゃんの教室 ブログ

★ 研究員の募集とご協力のお願い
 CCFIでは目的を同じくする研究員を随時募集しています。お志があれば、クリスチャンであることを要しません。諸教派の教職、葬儀業及び関連業、死後事務を行う法律事務職、地方自治体業務など、キリスト教葬儀及び日本社会における葬儀実務あるいは周辺実務ないしは教会実務に携わる方々で、ボランティアで共同研究を行ってくださる方がいらっしゃいましたらお願いいたします。またこのほかの皆様からのご意見やご感想、ご質問なども随時受け付けておりますので、研究の向上のためによろしければご協力ください。


このサイトはフレーム機能を使用しています。このページが直接表示されている時は、最上位ページを開いてください。
フレーム機能非対応ブラウザでご覧の方は、サイトマップからご希望のページへジャンプしてください。